TOP
44.91score

はやぶさ

スポンサーKataribe

スピーカーシステムが与えてくれる感動

映画鑑賞が趣味なのですが、どちらかというと音よりも高画質な映像を重視していたので、それまではスピーカーシステムなどはオーディオルームを持っている一部の方のみに必要なものだと考えていました。

しかしながら、ちょっとしたきっかけで、自分が好きな映画を5.1chのホームシアター用のスピーカーシステムで観る機会があったのですが、正直目から鱗が落ちるとはこのことだと思いました。まったく同じ映画を観ているのですが、波の音といったさりげない環境音まで鮮明に聞こえ、まるでその場にいるかのような臨場感にまず驚かされました。また、通常は正面からしか台詞が聞こえてこない声が、主人公の立ち位置によって左側から聞こえてきたり、背後で物が落ちる音がすると、該当している位置に設置されたスピーカーから出力され思わず振り返るといったありさまで、映像の質だけでは音が与えてくれる感動がこれほどのものかと、知らずにいた自分を恥じるばかりでした。

以来、スピーカーシステムもこだわりを持って選択するようになり、いくつかを買い替えながら現在のものに至っています。今はスペースの都合から5.1chモデルを利用していますが、設置スペースに余裕が有るなら7.1chも欲しいところです。古い映画などはさすがにモノラル・ステレオで収録されているので、スピーカーシステムを使用していてもどうにもなりません。ですが、最近は5.1ch等のサラウンドシステムに対応したメディアは当たり前で、少し古いものでもサウンドリメイクされたものも続々と出てきているので、高品質の音に包まれることがどれほどの幸福感を与えてくれるのかを、多くの人に知って欲しいです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-01-06 12:28

コメント (0)